数学を活用した物流エンジニアリングの事例です。

数学で考える

集合被覆問題とは? ある物流会社はトラック輸送業務をすべてアウトソーシングしています。 この会社は、得意先から産業ガスの特殊輸送を依頼されました。 依頼された輸 ...

数学で考える

輸入コンテナの積載範囲内で粗利益最大になるように発注したい事例 ある日系小売業のタイ法人は、日本から毎週商品を海上コンテナ1本分輸入しています。 海上コンテナは ...

数学で考える

工場直送かDC経由かを輸送計画したいケース あるメーカーは工場からDC(物流センター)を経由して卸へ納品していますが、工場に近い3か所については直送で卸に納品す ...

数学で考える

最短経路検索問題は線形計画法で解ける 最短経路検索問題はダイクストラ法で解くことができ、Google地図ルート検索やYahoo!路線情報等、私たちの身の回りにあ ...

数学で考える

トラック予約受付システムとは? 荷卸し順番待ちによるトラックの待ち時間は、ただでさえ不足が叫ばれているトラックの回転率を下げる大きな要因になっています。 この問 ...

数学で考える

制約条件に上限と下限が混じる場合には2段階シンプレックス法 前回の記事でトラックの積載率を最大化するために、比重が異なる4種類の貨物をどう組み合わせれば良いかを ...

スポンサーリンク

数学で考える

貨物が3種類以上のトラック積載率最大化問題は一次方程式では解けない トラックには容積と重量という2つの制約があり、積載量が限られます。 そして、貨物の比重によっ ...

数学で考える

ドライブインラックの保管効率をモンテカルロ法で確認したい動機 パレットラックはセレクティブラックとドライブインラックに大きく分けられます。 セレクティブラック・ ...

数学で考える

トレードオフの関係にあるセレクティブラックとドライブインラック パレット単位の貨物を保管するのに、パレットラックがよく用いられます。 パレットラックには大きく分 ...

数学で考える

非線形の最適化問題の事例 ある物流センターでは、物流加工で4つの工程があります。 各工程1人ずつで受け持ち、毎日合計4人必要です。 今まで延べ7人がこの作業を行 ...