安全在庫理論や、それを発展させた適正在庫理論をわかりやすく解説します。

在庫理論を理解する

安全在庫は需要のばらつきを吸収する在庫なので、需要の大小とは無関係です。 そのため、余り売れない商品の方が、よく売れる商品よりも多くの安全在庫が必要になることが ...

在庫理論を理解する

前回の記事で、倉庫を集約したのに安全在庫が期待通りに削減されないのは、共分散に原因があることを解説しました。   集約前の倉庫での出荷パターンが似てい ...

在庫理論を理解する

「在庫拠点を集約しましょう!安全在庫が減ってコスト削減になります!」 物流会社やコンサルティング会社の常套句です。 提案書を見ると、安全在庫の計算式や分散の加法 ...

在庫理論を理解する

分散の加法性はイメージしづらい 複数の在庫拠点を1か所に集約すると在庫が減ることは、イメージとしては分かり易いと思います。 しかし、これをきちんと説明できる人は ...

在庫理論を理解する

安全在庫は、 需要の標準偏差×安全係数 で計算できます。 >> 【標準偏差何個分?】たったこれだけ!安全在庫の計算式をやさしく解説   し ...

在庫理論を理解する

安全在庫の計算式に出てくる安全係数は許容欠品率によって決まります。 許容欠品率5%では安全係数1.65ですが、なぜそうなるのか?それ以外の許容欠品率ではどうやっ ...

スポンサーリンク

在庫理論を理解する

安全在庫理論では、需要が正規分布に従うことを仮定しています。 しかし、これは個々の消費者の需要が正規分布に従うということではありません。 多くの消費者の需要を1 ...

在庫理論を理解する

安全在庫理論では、需要(売上)が正規分布に従うと仮定しています。 平均付近の日数が一番多く、離れるに従って少なくなっていく分布です。 でも、 「いつもこんなきれ ...

在庫理論を理解する

昨今、毎日または1日に複数回の納品をする多頻度納品が社会問題になっています。 トラックドライバー不足が顕著になる中、トラックの確保ができなかったり、地球環境にも ...

在庫理論を理解する

仕入れ先が国内に在庫を持っていれば、発注してから納品されるまでのリードタイムは短くてすみます。 しかし、仕入れ先が受注生産だったり、海外から船便で仕入れる場合は ...