確率で考える

「確率」という言葉は私たちの日常でもよく使われますが、「尤度」はほとんど聞きません。 そもそも「ゆうど」と読めるだけでも奇跡でしょう。 そんな尤度ですが、これを ...

統計で判断する

以前の記事で標準偏差には2種類あり、単に標本データのばらつきを求めたい場合にはnで割り、母集団のばらつきを推定したい場合にはn-1で割ることを解説しました。 そ ...

統計で判断する

Excelで単回帰分析をする方法は6通りもある 最小二乗法の中でも、単回帰分析は基本中の基本です。 単回帰分析とは1つの説明変数xで、目的変数yを予測するもので ...

その他数学

最小二乗法は機械学習のパラメータ推定で広く使われています。 パラメータ推定とは、AIが予測する時に使う式の係数を一番良い値に決めることです。 AIの肝と言って良 ...

その他数学

円周率を求める=円の面積を求める モンテカルロ法を理解するための入門事例として最も有名なのは、円周率πの近似値を求める問題です。 ここではそのやり方を解説した後 ...

確率で考える

ポアソン分布の乱数生成は難しい 適正在庫のシミュレーションでは普通、過去の需要実績データを使います。 しかし、これは過去の特定の需要パターンでシミュレーションし ...

スポンサーリンク

統計で判断する

回帰直線の傾きの精度を確率分布で知りたい 前回はエクセルの分析ツールを使って回帰分析を行う方法を紹介しました。   この回帰分析表には直線の傾きの他に ...

統計で判断する

回帰分析はエクセルで一瞬にして計算され、素晴らしい結果表が出力されますが、理解するのが難しい項目も含まれていますね。 「観測された分散比」や「合計」などは英語を ...

統計で判断する

統計の中でも相関係数や回帰直線を求めることは基本中の基本です。 これら2つの間には互いに密接な関係があり、それを理解するためには分散と共分散の意味を理解すること ...

統計で判断する

ベイズ推定で区間推定ができるのか? 古典統計学に出てくる区間推定は、母集団の分散が既知の場合には95%信頼区間で、 標本平均±1.96×√(母分散/標本サイズ) ...