確率で考える

3次元以上の正規分布は「行列」で表すことが不可欠 2次元正規分布は次式で表すことができます。 しかし、3次元以上になると、行列を使わないと式が複雑になりすぎてし ...

確率で考える

釣鐘状の正規分布のグラフは有名ですが、これは一変量の正規分布です。 これは多変量に拡張できます。 でもイメージしにくいですね。 そこで、視覚的にイメージし易いよ ...

確率で考える

多変量正規分布が使われる事例 物流センターAでは夕方に10台の集荷トラックが帰ってきます。 それぞれのトラックの帰庫時間については集計してあり、それぞれ平均時間 ...

確率で考える

パレートの法則はべき乗分布に従う 世の中の多くの現象は正規分布に従うと言われていますが、べき乗分布に従う分布もあります。 例えば、世の中で売られている商品は、皆 ...

統計で判断する

2商品の需要のばらつきをF検定したい事例 ある消費財メーカーでは、需要のばらつきの大小によって、商品をいくつかのカテゴリーに分けようとしています。 例えば、下記 ...

統計で判断する

標準偏差では「ばらつき」を比較できない ある専門商社では取り扱い商品数が多いため、カテゴリーごとに在庫日数を設定して在庫管理を行おうとしています。 安全在庫は、 ...

スポンサーリンク

その他数学

「パレートの法則」が成り立つケースではグラフが見にくい 消費財メーカーA社は200品目を製造しています。 上位20%の品目で全体の80%の売上を占めるというパレ ...

その他数学

前回はマグカップを紹介しましたので、今回はその下に敷くコースターを紹介します。 ところで、そもそもコースターには、どんな役割があるのでしょうか? コースターの役 ...

その他数学

社会人になって数学を学び直す人が増えています。 確率・統計が必須スキルになってきたことや、いくつかの企業では機械学習を始めとする人工知能を業務に応用するための人 ...

その他数学

順列・組み合わせの事例 重複のある順列(ケース1) ある物流センターでは4つの工程があり、それぞれの工程に7社、合計で28社の派遣業者がいます。 派遣業者の組み ...