Excelで試してみる

ある消費財メーカーでは、物流センターの在庫がすべての商品について一律5日分になるように工場から在庫補充しています。 ある日、需給調整部門のマネージャーのAさんは ...

在庫理論を理解する

安全在庫は需要のばらつきを吸収する在庫なので、需要の大小とは無関係です。 そのため、余り売れない商品の方が、よく売れる商品よりも多くの安全在庫が必要になることが ...

在庫理論を理解する

昨今、毎日または1日に複数回の納品をする多頻度納品が社会問題になっています。 トラックドライバー不足が顕著になる中、トラックの確保ができなかったり、地球環境にも ...

在庫理論を理解する

仕入れ先が国内に在庫を持っていれば、発注してから納品されるまでのリードタイムは短くてすみます。 しかし、仕入れ先が受注生産だったり、海外から船便で仕入れる場合は ...

スポンサーリンク

Excelでシミュレーション

前回は適正在庫にコントロールするための、適正発注量の計算方法を解説しました。 でも本当にこれで欠品を起こさずに在庫管理ができるのか?心配ですよね。 何の証拠もな ...

在庫理論を理解する

リードタイムが1日の場合の適正在庫計算式 安全在庫とは「需要の変動を吸収するための在庫」でした。 これは次のようにも捉えることができます。 将来の売上が何個にな ...