単なる物流業者叩きによるコスト削減ではなく、サプライチェーン・マネジメントによるコスト削減を目指すのであれば、まずは自社の物流特性を知ることが初めの一歩です。商品アイテムごとの需要特性や輸送ルートごとの積載率など、サプライチェーン分析の具体的な方法を紹介します。

サプライチェーンを分析する

在庫管理はアイテム(SKU)ごとに行うべしといっても、すべてのアイテムに同じくらいの手間をかける必要はありません。 世の中の現象はパレートの法則に従うことが多く ...

サプライチェーンを分析する

サプライチェーンに関わるデータは膨大で、それを有効活用することで物流を効率化できます。 中でも物流センターからの出荷データは基本で、そこから得られる洞察は数多い ...

サプライチェーンを分析する

得られたデータが正規分布などの確率分布に適合しているかどうかを調べるのにKS検定は便利です。 このKS検定はExcelでも比較的簡単にできますが、Pythonの ...

サプライチェーンを分析する

観測データがある確率分布に従っているかどうかを検定するのにKS検定は用いられますが、中でも正規分布への適合性の判定によく用いられます。 安全在庫理論でも出荷デー ...

サプライチェーンを分析する

ヒストグラムは統計でデータ処理する際に使われる最も重要なグラフの一つですが、折れ線グラフや棒グラフと違って作成するのに少しテクニックが必要です。 それは一旦、元 ...

サプライチェーンを分析する

安全在庫理論は出荷数が正規分布に従うことを前提にしているため、これを確認することは重要です。 そのための一つの方法としてカイ二乗検定がありました。   ...

スポンサーリンク

サプライチェーンを分析する

安全在庫理論は出荷数が正規分布に従うことを前提にしています。 しかし、「うちの出荷数は正規分布になんかならんよ!」という御大も一定数存在するので、そんな御大を納 ...

サプライチェーンを分析する

ある消費財メーカーでは、物流センターの在庫がすべての商品について一律5日分になるように工場から在庫補充しています。 ある日、需給調整部門のマネージャーのAさんは ...

サプライチェーンを分析する

2商品の需要のばらつきをF検定したい事例 ある消費財メーカーでは、需要のばらつきの大小によって、商品をいくつかのカテゴリーに分けようとしています。 例えば、下記 ...

サプライチェーンを分析する

標準偏差では「ばらつき」を比較できない ある専門商社では取り扱い商品数が多いため、カテゴリーごとに在庫日数を設定して在庫管理を行おうとしています。 安全在庫は、 ...