確率で考える

1年目のルーキーイヤーは大活躍で新人王に輝いたのに2年目はさっぱり、というのはプロ野球ではよくあることです。 これは2年目のジンクスと呼ばれ、相手チームのマーク ...

統計で判断する

安全在庫理論は出荷数が正規分布に従うことを仮定しています。 今回は現実のデータを使って出荷数のヒストグラム(度数分布表)を作り、それが正規分布とどれくらい一致し ...

確率で考える

二項分布はnが大きくなると正規分布で近似できることを証明したい 二項分布は成功/失敗等、二者択一の結果しか取らないベルヌーイ試行において、成功回数の確率分布を表 ...

確率で考える

滅多に起こらない現象を表すポアソン分布はイチローの安打数にも当てはまるのか? 1994年、プロ3年目のイチローはシーズン210安打、打率.385を記録して、一気 ...

在庫理論を理解する

安全在庫は、 需要の標準偏差×安全係数 で計算できます。 >> 【標準偏差何個分?】たったこれだけ!安全在庫の計算式をやさしく解説   し ...

確率で考える

3次元以上の正規分布は「行列」で表すことが不可欠 2次元正規分布は次式で表すことができます。 しかし、3次元以上になると、行列を使わないと式が複雑になりすぎてし ...

スポンサーリンク

確率で考える

釣鐘状の正規分布のグラフは有名ですが、これは一変量の正規分布です。 これは多変量に拡張できます。 でもイメージしにくいですね。 そこで、視覚的にイメージし易いよ ...

確率で考える

多変量正規分布が使われる事例 物流センターAでは夕方に10台の集荷トラックが帰ってきます。 それぞれのトラックの帰庫時間については集計してあり、それぞれ平均時間 ...

Excelで試してみる

ベイズ推定で確率を逐次更新する 史上最強打者と言われるジロー選手は2034年から2043年までの平均打率が3割5分でした。 ところが2044年開幕は絶不調で、4 ...

確率で考える

正規分布の掛け算ができればベイズの定理が使える ベイズの定理では、新しく得られたデータ(尤度)で古い確率(事前確率)を更新することによって、新しい確率(事後確率 ...