検定や推定を含む古典統計理論の使い方を解説します。

統計

以前の記事で標準偏差には2種類あり、単に標本データのばらつきを求めたい場合にはnで割り、母集団のばらつきを推定したい場合にはn-1で割ることを解説しました。 そ ...

統計

最小二乗法の中でも、単回帰分析は基本中の基本です。 単回帰分析とは1つの説明変数xで、目的変数yを予測するものです。 y=ax+bの中のaとbの2つのパラメータ ...

統計

物流センターAでは入社前に矯正視力の検査をしています。 各スタッフについて視力とピッキングの平均生産性のデータをまとめたところ、次のようになりました。 x y ...

統計

回帰分析はエクセルで一瞬にして計算され、素晴らしい結果表が出力されますが、理解するのが難しい項目も含まれていますね。 「観測された分散比」や「合計」などは英語を ...

統計

統計の中でも相関係数や回帰直線を求めることは基本中の基本です。 これら2つの間には互いに密接な関係があり、それを理解するためには分散と共分散の意味を理解すること ...

統計

古典統計学に出てくる区間推定は、母集団の分散が既知の場合には95%信頼区間で、 標本平均±1.96×√(母分散/標本サイズ) で計算できました。 分散が未知の場 ...

統計

ある消費財メーカーでは、需要のばらつきの大小によって、商品をいくつかのカテゴリーに分けようとしています。 例えば、下記の2つの商品は同じカテゴリーに分類すべきで ...

統計

ある専門商社では取り扱い商品数が多いため、カテゴリーごとに在庫日数を設定して在庫管理を行おうとしています。 安全在庫は、 安全在庫=需要の標準偏差×安全係数 ...

統計

物流会社Aでは、トラックに使う燃料をB5(バイオディーゼル 5%、石油ディーゼル 95%)からB20 (バイオディーゼル 20%、石油ディーゼル 80%)に変更 ...

統計

食品メーカーXは2つの物流センターから全国へ出荷しています。 商品カテゴリーごとの出荷傾向は次の通りです。   2つの物流センターでの出荷傾向に違いが ...